反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

映画をみた。

行き詰まって「もう。ちょっと1回さ、休もう」と誰かに言いながら映画をみた。

 

観たかったのに観に行けなかった「怒り」

WOWOWで放送してくれたので録画してみた。

 

もう救いがあるのかないのかわからない感じで、なんだか重いのだか苦しいのだかわからない、「怒り」というタイトルがスッとする映画だった。

 

観た後で色んな事が思い浮かんだが、もう重苦しすぎるので、重苦しくない内容のものだけ羅列してみる。

 

松山ケンイチの芝居がすごく好きなのだが、「やっぱり良いな、岡田と共演しないかな」と思ったら直近共演していた。

渡辺謙はどうやってもかっこよすぎて、田舎のおとーちゃんには見えなかったが、芝居含めて素敵だった。南果歩には許してもらえただろうか。

森山未來、怖すぎる。絶対近づかない。

広瀬すず、だから近づかない方がいいのに。

妻夫木聡、なんでも出来るな、すごい俳優。サッポロのCMがすき。丸くならず星にならねば。綾野剛と綺麗すぎて見惚れた。

宮崎あおい、なんでも出来るな、すごい俳優。「普通」そうなのに「普通」じゃないすごくすごく微妙な芝居が最高だった。役の為にすごく太ったようだ。あれかな、夜のバームク(ry

池脇千鶴、なんだかんだで一等賞。だいすき。声が芝居が。琴線に触れて触れて仕方ない。もっといっぱい芝居がみたい。

 

 

あまり語らない映画で、

よく、このキャラクターはこう思っているんだろうと思わせられた。

役者ってすごい。

同時に人ってすごい。

こうしたら、こう思ってると思うだろう事をわかっている、ということだ。

難しい。

人はそれぞれ違うのに、大方思うことは同じような感じ。ということだ。

難しい。

 

大方の人がこう思うだろう事をちゃんと感じられる人間に育てなければな、と改めて思う。

社会からの預かり物(だと思っている)の、大切な大切な娘。

お互い最高に腹が立つ喧嘩をした夜に思う。