反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

速記用のペンは普段使いのペン。

V6が全国ツアーをしている。

そんな中でウルトラフェスにも出るというから驚いた。体を大切にしてもらいたい。

 

それより、

コンサートのレポというのは、古くから本当にありがたいもので、

今やTwitterなどであげてくれる方もいて、大変便利な世の中になったと思っている。

 

みなどんな風にレポートしているのか大変興味がある。

というのも、私もコンサートのみならず、とにかく文字に起こすのが好きなのだ。

とは言っても内輪で報告するだけのもので、ブログでもTwitterでも現場の事は書いてはいない。

 

セトリさえも曖昧になるほど記憶力に自信の無い私の場合は、ひたすら速記している。

うちわとペンラと紙とペン。双眼鏡も持っていたりする。

 

やたら手荷物が多く、MC中は下を向いて必死でなにか書いている受験生みたいなオタクが居たら私です。

ペンラが平べったいと助かる(ここでもVIBES推し。嵐だとアラフェス)。それを下にして書けるからだ。

ペンラが丸い時はもう持たずに首に掛けられるように仕様を変えて持っていく。ペンラは光っていればよい。

 

何故にそこまで…  と書いていてもおもう。

いつも仲良くしているオタク仲間が全員同じコンサートに入れる事は少なく、入れない友達に報告する義務があると思っている。

無駄な義務感であるが、充実感がある。

いつも何かと支えてくれる大切な人たちに贈りたいV6たちの言葉がそこにはある。

 

積み上げられるレポートと、年々積み上げられる己の速記の技術に満足している。

 

今年も腕によりをかけて、速記したい。

 

待ってろ、V6。

 

大事な君に 大切な君に  贈りたい言葉あるよ

Honey/20th Century