反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

名作から次回作をおもう。そして関ヶ原。

タイガーアンドドラゴン。

いわずと知れた名作。

岡田ファンならずともファンの多いSP、図書館戦争シリーズに継ぐのではないかとおもう。

語るとすればあまりに多すぎて、うまく言葉にできない。

 

Blu-rayに買い換えた。

この中で岡田は「天才落語家」として描かれる。

とはいえ、相変わらず影のある役である。

 

余談だが続いて携帯電話会社のCMが決まり「愛してる」と何度も叫ぶ岡田が見られ、満足だ。あんなに「愛してる」という岡田は後にも先にもこの時だけだろう。

めちゃイケ数取団に出られたのも個人的に嬉しかった。関係ないぜ。

 

 

竜ちゃんは今頃どうしているかとおもう。

 

岡田の演じてきた役の、そのすべてに、同じことをおもう。

すべて岡田が演ってきたのだが、まだどこかで動いているような、生きているような。

 

でも、紛れもなく岡田だから、まるで、岡田が役に入る前に自らに着せた着ぐるみが、役が終わると脱がれ、置かれ、

その着ぐるみを追いかけているような気持ちだ。

もう1度岡田が着なければ動けない。

もはや今の岡田には(サイズが違いすぎて)着られないかもしれない。

と思うとなんとも切ない。

 

それでも追いかけたくなる、魅力的な役がたくさんある。

竜ちゃんもそうだ。 

真打になってその後の芸はどうか、めぐみちゃんとかその後どうか。知りたい。

でも、きっと知れない。

悲しい。

 

それならば、これからの役でなぐさめてもらうしかない。

 

岡田に現代人を。岡田にスマホを。

岡田にラブストーリーを。

選挙カー並に訴えてきたが、岡田。

「もう恋愛映画に戻れない」って本気?本気で言ってんの?

10年で肉体改造して、役の幅を広げるって言ってたじゃん。

人の芸事の基本は「恋する気持ち」だよ。

と矢継ぎ早に思った。

 

岡田の次回作に断然期待している。

次回作のラブストーリーに期待している。

 

のだが、いまのところ関ヶ原にいちばん期待している。

「とくとご覧あれ」と言われる度にビリビリ痺れる。

いよいよ26日。関ヶ原公開。