反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

先生。剛くんがトニングセンチュリーって言ってます。

V6の新譜アルバム「The ONES」が発売された。

なんていい曲ばかりなんだ。

アルバムが出る度に同じ事をおもっている。

 

あぁまーくんの歌唱力は宝だね。

あぁいのっち今回もいい声。これも宝。

あぁながのくんの声ってほんと癒し。

あぁ剛くんの声はいつもアクセントになるよね。

あぁ健ちゃんこんな歌い方もできるの。さらに豊かになったんだね。

あぁあ、岡田ーーーー!!!!!

 

という具合で、聞いたり書いたりしていると、この世で最強の6人すぎる。

やっぱり2次元なんじゃないかと本気の本気で思えてくる。

よく考えたら

あんな足の長いおじさん居ないし。

あんなきれいな顔してるおじさん居ない。

満員電車にも居ない。

満員電車には居ないのか。

 

 

DOMINOの歪んだ旋律からの「誰が俺?」と言われると胸が、止まらないくらいざわざわする。

 

「水もやらずに枯れた花が 窓辺で項垂れてる」のいのっちのクイックブレスにも、

 

Sky's  the Limit.より、より強い言葉が並び、監修したまーくんが放り投げるように歌う「Answer」の「Answer」の部分にも、

 

「かっこいいやつならいくらでもいる…」にも、(は?ちょっと待ってよ、待ってね、居ないからね、居ません)

 

対照的なトニカミ曲にも、

 

「大きな声で空に叫んだ  涙零れないように」の健ちゃんの上ハモにも、

 

IN THE WIND とLIGHT INも入ってるよね?なレッツゴーにも、

 

そして、これぞ「穏やかで優しくて暖かくてずーっと変わらないV6」という感じのタイトル曲にも、

 

もうざわざわが止まらないのだ。

 

黙って座って居られなくて、病気になったのではないかと思ってしまう。

 

ソワソワワクワク♡なんてかわいい表現ではない。ざわざわする。

 

と書いていて…

「ざわ」んず だからか。

と、書き締めるという走って逃げるようなことはしたくない、と思った。

 

悔しいので何かいい締めを思いつきたかったが、

アルバムとその特典と雑誌とテレビ露出に追われている私に表現の膨らみは期待出来ない。

特典沖縄での剛くんのあまりの剛くんらしさに、V6という実家の素晴らしさを改めて感じた。トニングセンチュリー…。

 

 

 

明日のV6ツアーの初日。

名古屋に行った方が居たら1曲目が何か教えてほしい。コメントは承認制で私が承認しなければ他者には見られない。

ので誰か教えてください。

私の予想は……まったくわからない!!!

 

友達と予想合戦をしていて、

普通のジャニーズなら、新譜からくるはずでアルバムからならcloudy skyか曲がったところでAnswerじゃないか思うがV6は予想できない。という結論になった。

アップでくるとは限らない、むしろミディアムが多い、めっちゃくちゃ抑えてくる。 

シングルなら、ゲリィナフか?

 

これまでのコンサートで予想可能だったのは最近じゃフォエバくらい。

楽しすぎる。

ずっと今日でもいい。

 

V6ーーー!!

すきだよーーー!!!!!!