反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

モンスターペアレント。

アイドルヲタク業界でも「モンペ」と使うらしい。

どういう意味で使われているのかよくわからない。

 

タイトルのモンペは

学校教育の現場での話だ。

アイドルはまったく関係ないので読み飛ばしてほしい。

小学校も中学年からは、

お友達と本気で諍いを起こすことももちろん出てきて、

言いがかりを付けられたり、

理不尽な要求をされたり、

いじわるをされたりする。

嫌なヤツに嫌なことをされる。

 

書いていて、よくわかるが、

子供というのは親に「された」事しか言わないから、親は自分の子供が「された」事しかわからない。

 

そんな中でのモンペなのだが、

自分の子供も含む周りの人に対して「いじわるをしてくる」クラスメート、つまりただの嫌なヤツ、嫌いなヤツと、

席を離してほしい、修学旅行の班を別にしてほしい、係を別にしてほしい、と先生に要求する。

 

どこまでの要求が許されてどこから許されないのか明確なものはない。

それでも、これからの生活に

性格が悪くて周りにいじわるをするやつ、つまり平たくいうと「嫌なヤツ」「性格の悪いヤツ」はごまんといる訳で。

好きな仲良しの友達もいて学校も楽しいなら、いま、ここで席替えをしてその「嫌なヤツ」から避けてあげることが親として正解なのか、わからない。

「こうすれば嫌なやつから嫌なことから逃げられる」を親自ら教えるのが正解なのがわからない。

 

 

 “何かを変えるってことは自分自身を変えるという事と

ほとんど同じなんだよ

「僕ら」が変わるってことは「世界」を変えるという事と

ほとんど同じなんだよ”

 

天使と悪魔/SEKAI NO OWARI

 

もちろん、悪質ないじめは許されない。

一人ぼっちなら耐える必要も無い。

そこはまったく話の次元が異なる。

 

ただの嫌なヤツはこれから先いくらでもいるのになと思う。

自分の捉え方を変えてやり過ごすしかない。 社会生活しかり。

 

 

11歳のうちの子供が先日

「今日、かなちゃんがSEKAI NO OWARIってチューニビョーだよねって言ってた。チューニビョーってなに?」と言いながら帰ってきた。

かなちゃん(仮名)せめて中二になってから言え。