反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

アイドルに励まされること。祝。

アイドルが彩る世界は明るい。

世界とは自分の世界に限る。

 

なしには居られない。

アイドルのファンでない人がどうやって人生を過ごしているのかわからないくらいだ。

 

それくらい自分の時間がアイドルで彩られている。

 

岡田准一のそのすべてに、励まされ、

これまで生きてきた。 

これからもそう生きたい。

大袈裟な文章だが本当のことだ。

 

その端正な容姿と歌声に

V6としての活動に

俳優としての活動に

 

その言葉に

その生き方に

 

(と書いていてwalkmanから

“お前がいる”が流れてきて落涙しそうになる。いま、この“お前”とは岡田のことだと本気でおもう。いのっちーー!!!)

 

時に気まぐれに

時に猛スピードで

走ったりダッシュしたりする岡田に

まさに“かじりついて”ここまできた。

岡田のくれるものはその価値がある。

 

 

ファンにとってアイドルはそうだが、

アイドルにとっても、ファンがそうだ、

ファンがいるからがんばれるんでしょ♡

と思えるほど幼くない。

だからこそ、

 

岡田にも岡田を支える存在があることを願う。

これからも岡田に支えてもらう為だ。

 

アイドルをしながら芝居をして、

それ以外の事も全力でやるなんて、

並大抵ではできない。

本当に本当にこの人はすごい。

本当に本当にかっこいい。

顔だけじゃない。

いや、顔はめっちゃかっこいい。

この世のものとは思えないほどかっこいい。

こんなにかっこいいのに、それだけじゃない。

なんなんだ、本当に。

人類全員岡田を好きになるんではないかと思う。

この人の尊さを感じる度に泣けてくる。

持って行きようのない気持ちでいっぱいになって涙がでそうだ。

いや泣かないが。

泣きたい気持ちになる。

泣かないが。

 

この人の顔面をすきになった当時の自分がいたら言いたい。

全力でその人を応援していけ!と。

 

この人を応援してきて

本当に本当に

よかった。

 

何が言いたいかといえばつまり、

岡田。

シューター認定おめでとう。