読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

わたしのすきな岡田。

さんざん岡田はいまがいちばんだと言い続けてきたのにこの題名だ。

http://rinrinrumina.hatenablog.com/entry/2017/03/13/223643

 

岡田は確かにいつも「今」を更新し続け、

常にかっこいいを成長させてきてくれた。

だからこそ、ずっとファンがついてきたし、増え続けているとおもう。

それは間違いなく、いまがいちばんかっこいいといつも本当に思っている。

 

それとはまた別の次元の話で

思うことがある。

 

岡田の

目と眉毛、及び二重の間隔についてだ。

ご想像通りとんでもない話なので気分を害しそうと思ったらぜひこの辺で読み止めてほしい。

 

ここでは比較の為に画像を2つほど載せたい。

肖像権などを意外と大切にするオタクなのだが、

岡田とわからないくらいにしてあるのでどうか見逃して頂きたい。


f:id:rinrinrumina:20170514220106j:image(…完全に岡田だ)

これはごく最近の岡田の目と眉毛と二重だ。

目と眉毛が近く、二重の幅が狭い彫りの深い顔をしている。

 

かっこいい。間違いなくかっこいい。

目と眉毛だけでかっこいい。

どんだけかっこいいんだ、この人は。

 

そして

次がこちら。
f:id:rinrinrumina:20170514220538j:image

これはすこし前の岡田の目と眉毛と二重だ。

 

かっこいい。

むっちゃくちゃかっこいいしめっちゃくちゃ色っぽい。

 

この2つをみて分かる通り、

最近は目と眉毛が近めで、しかめっ面に近い顔をよくしている。 役柄の影響も当然あるとおもう。

 

まるでどうでもいいことなのだが、

私がよりすっごくすきなのは、

下の方の

目と眉毛が遠くて二重の幅がぼんやりしている岡田だ。

いつの時代もこういう顔の時はあるが、最近は減ったかなと思っている。

 

だからなんだと言われればそれまでなのだが、せっかく美しい岡田の顔面。

見つめながら目と眉毛の幅の事を思い出したら、またこのブログに遊びにきてください(唐突)。

 

載せた2つの目と眉毛だけで岡田がどんな表情をしているかわかる方も多かろう。なんの画像かわかる方も。

岡田の目と眉毛と二重について徹夜で語り合いたい。