反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

徹子の部屋が楽しみすぎて。

明日の仕事に行きたくない。

仕事はいつだって行きたくはないが、行く。

社会人なので仕方ない。

 

明日は徹子の部屋の日である。

出来るなら休んで見たい。

以前岡田は反乱のボヤージュの番宣で出演している。 

http://rinrinrumina.hatenablog.com/entry/2017/02/15/211817

 

その後出演したのは2013年頃ではないかと記憶している。

 

毎回毎回、新出の話題が出て、今回も楽しみだ。

 

渡哲也さんから手紙を頂き、

高倉健さんに手紙を書く、岡田。

すごい。

 

短文でも書いたのだが、追憶をみて、

「岡田って、ほんっとにすごくすごい役者なんだ…」と思った。

岡田もそれに戸惑ってきたのかもしれない。

私はいまになってやっと戸惑いはじめた。

 

なんだか岡田准一という役者がとても偉大に思えて仕方ない時は、

無性にV6の岡田をみたい。

ふっっっるいコンサートDVDでも流しながら明日の仕事に備える。