読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

maybe をみておもうこと。

堂上落ちの娘はOMGがだいすきで、

とにかくよくかけている。

自分のwalkmanでもそうだし居間のDVDでもそうだ。

 

そこで横からのぞいている私がおもう。

 

maybe。

メンステでカミセン3人が踊っているのをみるとしみじみ、

「岡田って…この2人の中に放り込まれたんだよな…よくぞここまで…」

 

ド素人の岡田が放り込まれたのが、剛健。

当時子供だった私にもとんでもないことなんじゃないかとおもったが、

(当時子供だった私には、同世代のカミセンがシニアとくっつく方が衝撃ではあった)

大人になった今ならちゃんとわかる。

本当にとんでもないことだったと。

 

岡田の将来性を見抜いたジャニーさんは

確かにすごいけれど、

ただの14歳だった岡田には

どれだけ大変な事だったろう。

 

と。毎回maybeで今更おもう。

剛くんと健ちゃんに挟まれちゃって出だしがよくなかったけど、

私は岡田のフリがすきだ。

まっすぐで岡田らしいとおもう。

これからも踊ってね。

 

そして、もう一つ。

親愛なる君へ。

イノッチの

「思いを殴っている」

が毎回鳥肌。

強い言葉をまるめながら豊かに歌うイノッチの真骨頂じゃないかと勝手におもう。

ずっと聞いてたい。

ずっと聞いてたいメンバーそれぞれの歌唱部分があるとおもう。

剛くんの「あなたの胸」「今は信じられるよ」とか。リーダーの「大事な君に 大切な君に」とか。無限。

 

 

V6はてブロガーさんに聞いてみたいから、

そんなことをお題にしてくれないか、はてブロさんよ。