反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

NHK。ありがとう。受信料は一括クレカ払いです。

追憶。

ただならぬ売り方をしている、と感じる。

 

シブ5時にNHK岡田准一をみた。

岡田。

痩せたね。

痩せたよね。

2014~2015年初めくらいな感じに痩せたよね。

差し込まれるSONGSの時の映像に近いもの。

 

(岡田1人の現場に差し込まれるV6の画は、たまらない。

「V6だいすき!!!!いまは岡田のでてる番組だけどやっぱV6がすきなんだ!!!!」

と誰にも何も言われてないのに、強くおもう。)

 

痩せた岡田。

体重もしくは体型の 変化表見せて。

FDFの「馬体重表」みたいなやつ。

誰かつけてるんでしょ。

もしかしたら自分でつけてるでしょ。

 

と思いながら見た。

 

しつこいし、

これしか言わないのか、このブログ。

と思われそうだが

 

むっちゃくちゃかっこよかった。

ほんっとにかっこよかった。

母と娘と見た。

私がテレビの一番前で見ていて、

振り返ったらみんな同じようにニヤニヤしていた。

かく受け継がれるヲタクのDNA。

 

 

そんなことより。

 

トーク番組やバラエティでよくみる

口唇を突き出して眉をあげたおどけた表情。

 

年齢を重ねてから出てきたnew岡田に

いまだ戸惑う。

わぁっ。こんな岡田、見たことない♡

とそのつどおもう。

 

その上。なになに。

なんだって。

 

驚くような役をやりたいとな?

コメディとな?

 

そうか。

私にとっては、

 

あの岡田がコメディか!!!

ではない。

いや岡田はコメディだ!!!

なのだ。

 

宮藤官九郎にみつけてもらったともいえる

岡田の芝居への

気持ち。

道。

 

 

もう話がきてるんじゃないの?

なにかしらの話がきてるんでしょ?

驚かせるような役をって言った時、

めっちゃ含みのある顔してたもん。

 

 

 

最近の岡田のそしてV6の露出に耐えられず、

赴くままに書いてしまっている。

 

とりあえず。

落ち着いて、今日は。

家族が寝静まったら

冬の運動会とタイガーアンドドラゴンを観る。