読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

オカダのはなしのはなし

オカダのはなし を久々に開いてみた。

ひたすらに岡田が小難しいことを書いていた連載EXPOSUREをまとめて加筆したこの本。

一度開くと止まらず最後まで読んでしまった。
連載での初見の時からいつ読んでも思うことがある。

V6について2013年に書いた文章の中に

1人の仕事とメンバーといるときと居方が違う。メンバーといると「甘えてるとかそういうわけじゃないけど」
とある......

岡田...
そういうわけじゃないわけじゃないよ。
メンバーといると、完璧に甘えてるよ。
とんでもなく甘えてる。
メンバーも甘やかしすぎてる。
その岡田がすきだ!!なによりも!!


この本、連載中のものや撮り下しも含めて岡田の写真がいい。
その時代その時代1000%かっこいい岡田がいる。
表紙カバーの写真はもちろんいいのだが、
カバーを外した表紙と裏表紙がまたとんでもなく良い。

いつも油断せずにカバーを外すのだが、いつもあんまりのかっこよさにひっくり返る。
この本をお持ちの方がぜひ次に開く時はカバーを外した表紙と裏表紙にも今一度注目してほしい。