読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。

岡田准一の表記

V6のここがすき 99%自分のこと

私はこのブログで岡田准一さんのことを、「岡田」と表記している。

普段誰かに岡田のことを話す時は「おかだくんは〜」「おかだくんの映画が〜」などと言っている。呼び捨てはやはり社会人としていけないとおもっている。


しかし自分の頭、もしくはV6ファンの友達などと一緒の時は、岡田。

なぜか考えてみると、
岡田と呼ばれる岡田准一がすきだからだ。とおもう。
メンバーといる、岡田が。

テレビやその他で「岡田さん」「岡田くん」「岡田准一さん」と呼ばれている岡田はよそ行きの顔をしている。
それはそれで、ぐぅの音も出ないほどのかっこよさだ。

でもメンバーに「おかだー」と呼ばれる時の岡田の顔が、100億満点にすきなのだ。いくつになっても変わらない。
油断しまくった預けきったな〜んでも許されると思っている顔をしている。

メンバーに「おかだ」と呼ばれる岡田しか見ていなかったから自ずと「おかだ」


呼び捨ては言葉がキツく感じるかもしれないが、愛は余って困っている。岡田に差し上げたいが受け取ってはもらえまい。
何卒ご容赦頂きたい。


ちなみに全くどうでもいいことだが、
他のメンバーの呼び方は、まーくん、ながのくん(ひろし)、いのっち、ごぉくん、けんくん(けんちゃん)と、これも岡田がメンバーを呼ぶ呼び方に准ずる。