読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

2014大河よりも対談の岡田。

ほぼほぼ現実時間に追いついてきて、 もうほんの最近の事を呼び戻そうとしている。 もはやブログの題名に違和感がある。 2014年黒田官兵衛になった岡田。 この時もNHKありがとうという気持ちになったが、とくにあさイチに出てくれたことと、SWITCHインタビュ…

永遠の0。井上真央といのちをおもう。

岡田准一は2013年年末。 永遠の0という、 国民がみな知っているんじゃないか 国民がみな岡田のファンになったんじゃないか と思うほどに大ヒットした映画に主演した。 百田尚樹の原作ももちろん読んだ。 原作もすごく売れて、大変なことになっていた。 戦争…

NHK。ありがとう。受信料は一括クレカ払いです。

追憶。 ただならぬ売り方をしている、と感じる。 シブ5時にNHKな岡田准一をみた。 岡田。 痩せたね。 痩せたよね。 2014~2015年初めくらいな感じに痩せたよね。 差し込まれるSONGSの時の映像に近いもの。 (岡田1人の現場に差し込まれるV6の画は、たまらな…

番宣。追憶。白寿。

追憶の番宣(行列のできる法律相談所)で岡田をみた。 もう、本当にかっこよかった。 大変なかっこよさだった。 このまま髪の毛伸ばしてくれたら最高だと思った。 岡田がトーク中心のバラエティー番組に出て、元気にしゃべったり笑ったりしている。バラエティ…

世界から猫が消えたなら。娘と岡田と。

児童用の文庫が出ているのを 最近本屋でしり、娘に買ってきた。読み始めてすぐ、 「ちょっと。くらいお話かなぁ」 と冴えない顔で言っていた。そのまま読み進め読み終えた後 Tシャツをびしょびしょにしながら私の所にきて 泣きながら 「いい本だった。読んだ…

2011年SP革命。2010からのSP野望と。

2010年から続くSPなこの年。井上薫については要所要所でそのかっこよさを崇めてきた。SPは岡田がやりたいことをみつけ、映画という媒体において岡田の位置づけをより強いものにした作品だとおもう。同時に 言い表せない年でもあった。 SPについてはそれしか…

5月は追憶 原作と。

映画 追憶の公開が控えている。 ブログは2007年で止まったままだが仕方ないので、時事ネタも書く。私は読書が趣味なので、岡田が原作が「本」のドラマ映画などに出演する時にはほとんど原作を読んでしまっている事が多い。原作が本である場合実写では 演者が…

6人のV6

V66人で出演する番組がいくつも続いた。どれをもう1度 もう2度もう10度みようか ニヤニヤしながら迷うというしあわせな時間が過ぎる。 いのっちの「准ちゃん」にひっくり返った。 准ちゃんとか准くんとか准一くんなんて呼んだことも思ったこともないが、メン…

いまがいちばん。

先日。 反抗期って言われる理由。気分屋と末っ子について。 - 反響から呼び戻す過去 反抗期についてとんでもなく長い記事を書いた。考え尽くした。 燃え尽きた感があり、過去についてそれ以降どうにもこうにも筆が進まない。2007のSPまで書いた。 私は同じ頃…

反抗期って言われる理由。気分屋と末っ子について。

岡田の2005年あたりから10年間を反抗期だと本人などが言う理由はなにか。本人はこの頃「あまりしゃべらなかった」と言っている。 しかし岡田がしゃべらないのはその前からだしその後もだ。デビュー当時こそ、なんとなく明るく元気な所が見えた。 無理をして…

アイドルと熱愛

唐突だが。 アイドルと熱愛報道は切っても切れない関係と言っていいとおもう。これに関しては正解はないとおもう。 完璧な個人の感想である。若い頃は 売名も兼ねた報道がされることがあり、大人になってからのそれとは趣が異なる。 大人になってからのそれ…