反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

コンサート

犍陀多の気持ち。

嵐は普段は天上界にいて、 コンサートに行くとほんの少し下界に降りてきてくれる気持ちがする。気のせいかもしれないが。 良い意味でキメすぎてなくて、同じ人間なんで。みたいな事を挨拶でも言ってくれる。 大野は「みんなが働いてる時、僕らも働いてますか…

Answer

手にしたものだけがただしいの? こぼれ落ちたものは? と岡田に歌われ、涙がバラバラ零れた。 岡田がかっこいいからじゃない、かっこいいけど。 こぼれ落ちたものだって正しかったと思うけど。自分がこぼしてきたたくさんのものをおもった。 忘れたくない。…

ひたすら横アリ。

代々木と同じくらい、なじみのある会場。 横アリ。 行けた人がしあわせになるのはもちろん。 行けなかった人まで、しあわせすぎてどうにかなりそうだと思えるようなグループだ、V6は。 いま非常に行き詰まっている。 各方面。戸惑うほど行き詰まっていて、…

ネンイチで行きましょうよ。

仕事から帰ると 娘が、「学校で嫌なことがあったから、Get Nakedの演出の事を思い出していた」という。 さらに、お風呂から出てきた時には 「お風呂でV6の事考えてるとのぼせちゃうよね」といっていた。 『こいつも濃厚なオタク人生を歩んでいくのだろうな…

森田剛の越し方行く末

森田剛は危険だ。 以前の記事にもこんな風に書いた。 『危ないのだ。 夜会も、剛くんの惹き付ける力に吸い込まれそうだった。 この人を好きになったらまずいと思わせる。オタク人生が一変するとおもう、怖い。 こんなアイドル、後にも先にも森田剛だけだとお…

速記用のペンは普段使いのペン。

V6が全国ツアーをしている。 そんな中でウルトラフェスにも出るというから驚いた。体を大切にしてもらいたい。 それより、 コンサートのレポというのは、古くから本当にありがたいもので、 今やTwitterなどであげてくれる方もいて、大変便利な世の中になっ…

V6のアルバム。

8月9日、V6の新譜The ONESが発売された。 聴き込んでいる最中といったところ。 トニカミ曲を合わせると16曲ある。 ということで、コンサートそのものがこのアルバムをまさに中心としたものになっている。 コンサートでこのアルバムの曲を聞いたら泣くと思う…

コンサートのマナーとかなんとか。

夜中にこっそりなにを投稿するかと思えばこんな話。 ごきげんな話ではありません、不愉快になりそうでしたらごめんなさい。 アイドルのオタクでコンサートなどでもとんでもない事をしちゃう人、「ヤラカシ」と呼んでいたけど、今もそうなのかしら。 そういう…

先生。剛くんがトニングセンチュリーって言ってます。

V6の新譜アルバム「The ONES」が発売された。 なんていい曲ばかりなんだ。 アルバムが出る度に同じ事をおもっている。 あぁまーくんの歌唱力は宝だね。 あぁいのっち今回もいい声。これも宝。 あぁながのくんの声ってほんと癒し。 あぁ剛くんの声はいつもア…

36歳の岡田を見つめて思うこと。

先日乗った電車内の広告に岡田をみた。 立っていると目線の高さだったので、 乗車時間20分程度だろうか、じっと眺めていた。 短文にも書いたのだが、 こんなに長くじっと岡田の顔を、 くまなく見つめていたのは、 きっと中学生以来ではないかとおもう。 15歳…

岡田VIBES。その後2

VIBES推しがとまらない。 個人的な見解だが、V6の魅力が知れ渡り、 その後名作と語られるツアーといえば やはりセクバニかとおもう。 他にReady?,OMG,09などか。 セクバニは、V6ファンになった方が手に取りやすい盤でもあり、 もちろん岡田のその美しさも後…

岡田VIBES。その後。

贔屓目でみてしまうのかもしれない。 VIBESのコンサートがすきだ。ゆえにそのコンサートDVDが好きすぎる。 サンダーバードの前。 センステで6人が同時にジャケットを脱ぐところ。 Darling前。 岡田が「もうちょっとあそぼうぜー」と夜中の不良みたいな事をい…

岡田VIBES。We got it NEXPLOSION.

隣の部屋の THE MUSIC DAYを横目に 08年V6コンサートVIBESのDVDをみていた。 VIBESは全編岡田が演出をしたコンサート として知られ、 会場でも文字通り“VIBES”を体感できる工夫がされていたりして、 岡田のこだわりが随所に詰まっていた。 DVDにもその事が多…

チケットの転売。撲滅なんてできるか。

ファンの数が増えた時。 指数関数的に増えるFC入会転売屋。 嵐なんかはもう会社が成り立っているのではないかと思うくらいだ。 商売にはしていなくても、 他グループと掛け持ち入会して、 あっちを売ってこっちのいい席に“積む”というパターンもある。 例「…

愛のメロディー/ V6 7曲目

愛のメロディーがすきだ。 歌もいい。 V6はかっこいい。 それ以上に、会場の一体感がいい。 手振りはヲタへの宿題。 の格言に漏れず、 この愛のメロディーも、 V6の手振りにファンが合わせている。 愛のメロディーは2001年発売なので、もう16年も前からだ。 …

V6当落発表~全く関係ない結婚宣言への怒りと共に~

おもいっきりストレートな題名にしてみた。 加えてフランス料理風にしてみた。 注:個人的な気持ちで溢れています。 昨日はV6 2017年コンサートツアーのチケット当落発表日だった。 代々木がなくなった今、頼みの綱だった横アリ。 「第2希望以降を含め、この…

Voyagerと起きてみる夢。

先日VoyagerのDVDをひと続きに全部みた。 やはり最初から最後までみると感動する。 どのDVDでもそうなのだが、 私が瞬間的に一番ぐっとくるシーンは、 「准」のうちわを持ったファンが准一とハイタッチしたり握手したりする瞬間だ。准一って初めて書いた。 …

アルバムが…きたー!!!!!

もう幾度となく記事に書いた。 アルバムの詳細を!!!と。 ついにきた。 期待しかない。 PVが全曲分ってなんだ? そんな撮ってる時間よくあった、V6。 いまV6めっちゃかっこいい。 そりゃ撮っとかないと。 V6のPV…どれをとっても それはそれは最高。 私は以前…

“まっしろな気持ちのまま なんでもいい” 詳細を。

愛なんだ/V6 を出すまでもなく、 松井五郎氏の作詞したV6の楽曲がすきだ。 ここでも何度か書いているが NATURE BOY。いま!!もそうだ。 シングルなら、自由であるためにがそうだ。 NATURE BOY 四曲目に推したい。 今も昔もV6は作家さんに楽曲に恵まれている。…

唐突な肩こりで頭痛で痛み止めを飲む。

昼に飲んだ薬が切れても薬を飲む暇がなくて痛み出した頭で帰宅。 家族が寝静まってからヘッドフォンで音楽を聞きながら痛む頭と相談。 とりあえず、 キセキのはじまり/V6を聞くことにした。 「あふれる光を この胸に感じて」 などの後の高揚感溢れる編曲がた…

FLASH BACKとファン代表と新しいアルバムについて。

FLASH BACK/V6 君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか という難解なタイトルのシングルのカップリングとして収録されている。 “もしいつの日か僕を思い出すなら この腕は君を抱きしめている?” という岡田のパートも、 いつ聞いても 「ん?え?なんて?」…