反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

アイドルのこと

コンサートのマナーとかなんとか。

夜中にこっそりなにを投稿するかと思えばこんな話。 ごきげんな話ではありません、不愉快になりそうでしたらごめんなさい。 アイドルのオタクでコンサートなどでもとんでもない事をしちゃう人、「ヤラカシ」と呼んでいたけど、今もそうなのかしら。 そういう…

岡田VIBES。その後2

VIBES推しがとまらない。 個人的な見解だが、V6の魅力が知れ渡り、 その後名作と語られるツアーといえば やはりセクバニかとおもう。 他にReady?,OMG,09などか。 セクバニは、V6ファンになった方が手に取りやすい盤でもあり、 もちろん岡田のその美しさも後…

もう岡田って呼ばないから。

どうにもならない題名をつけてしまったが、 内容もとことんどうにもならない。 そろそろ「岡田」ってよぶのも書くのもやめようかと思ったりする。 14歳だった岡田も私も36歳になった。 部活みたいに、中学校の同級生みたいに、 呼び捨てするのはどうなんだ、…

突然。恋のシグナルをみる。

夜会に剛くんが出演していた。 その八重歯がずーっと変わらないので、昔の映像が見たくなった。 それでFilm V6 actIV のBALLAD CLIPS。 恋のシグナル 何度見てもこれは大変な事だ、と改めておもう。 この3人やばい。 それしか出てこない。 恋のシグナル、す…

ファンをやめる、ということ。

担降りという言葉がいつの間にかできた。 ファンをやめることを言う。 いつ出来た言葉なんだろう。 それはいいが、 その担降り。 友達がいわゆる担降りした。 V6の。 ショックだ。 彼女の人生にもいま色々あって、それどころじゃなくなったというのもあるの…

レコーダーのこと。ありがとう。

オタクの大切な業務であるレコーダー整理をしていた。 棚卸しみたいなものだ。 録って保存してあるものが目につくのだが、 整理中には見直さない約束をしている。 自分と。見直していると仕事にならないからだ。 大切にしてある映像を横目にディスクに焼いて…

V6当落発表~全く関係ない結婚宣言への怒りと共に~

おもいっきりストレートな題名にしてみた。 加えてフランス料理風にしてみた。 注:個人的な気持ちで溢れています。 昨日はV6 2017年コンサートツアーのチケット当落発表日だった。 代々木がなくなった今、頼みの綱だった横アリ。 「第2希望以降を含め、この…

2人のじゅんくん。VS嵐をみていた。

疲れて帰ってVS嵐を見ていた。 ご飯作って食べて、としているとVS嵐が流れる。 向井理と尾野真千子がプラスワンでかなり我得な回だった。 番組の内容に触れているので、まだ見てない方は気をつけて頂きたい。 気になったことがある。 かつてドラマ バン…

Voyagerと起きてみる夢。

先日VoyagerのDVDをひと続きに全部みた。 やはり最初から最後までみると感動する。 どのDVDでもそうなのだが、 私が瞬間的に一番ぐっとくるシーンは、 「准」のうちわを持ったファンが准一とハイタッチしたり握手したりする瞬間だ。准一って初めて書いた。 …

アイドルに励まされること。祝。

アイドルが彩る世界は明るい。 世界とは自分の世界に限る。 なしには居られない。 アイドルのファンでない人がどうやって人生を過ごしているのかわからないくらいだ。 それくらい自分の時間がアイドルで彩られている。 岡田准一のそのすべてに、励まされ、 …

V6は三宅健でできている。

健ちゃんの意識。 いろいろな事柄への意識に、 V6も ファンも 支えられてきたような気がしている。 女子力とは縁遠い自分が、すくなくとも小綺麗でいなければ、と思わせるのはいつの時も三宅健の美意識の高さによるものだ。 V6の真ん中にいたり、周りにいた…

健康的なオタクとして暮らすこと。

朝夕、ウォーキングやジョギングをしている。家族と一緒にするのがいい。 でも、なんだかんだと用事ができて、できない時もある。 それだけではなんとなく物足りない時もある。 そんな時はWiifitがいい。 Wiifitの中の「ながら踏み台」がすごくいい。 テレビ…

抜けたがるキャラ。だとしても。とはいえ。だからこそ。

報道の自由がある。 それに恩恵を受けてもいる。 センセーショナルな題名での憶測記事は、 どんな経済効果があるのだろうか。 だとしても、まだ報道なれしていないファンもいるだろうに。 アルバムの販促か。ツアーの販促か。 とはいえ、 私の記憶では この…

2017 V6ツアーがやってきた。

夜半に目と眉毛について書いていたら、 先ほどツアーについての詳細が発表された。 代々木。 当たり前だけど、ない… ショックだがショックを受けている場合でもない。 申し込みに関しての文言をまとめてみると… 申し込みは6月1日から6月14日まで。 同一名義…

みまんしてぃ…

KinKi KidsのCDデビュー直後に放送された 「ぼくらの勇気 未満都市」が 今年の夏spドラマとして帰ってくるらしい。 97年放送。 この発表に狂喜しているのは30代以上のオタクたちかとおもう。 嵐未満の2人や小原。懐かしい。 KinKi Kidsも自分たちも10代だっ…

かっこいい!!!!

2017年はV6は大変な年だ。 新曲が立て続けで、個人の映画もあり、ドラマもあり、テレビもあり、アルバムの発売とコンサートが決まってしまった…… その都度整理しながら文字にして、ここにもしつこいくらい書いてきたのだが あいにく飽和しそうだ。 音楽番組…

タフで優しくなろう。

岡田登山部にはどうしたら入れるのか。 岡田准一出演のサワコの朝。 相当番組の内容について触れる。 連休明け忙しくてまだ見られてない方はお気をつけて頂きたい。 作品の紹介が ぶっさんからいきなり官兵衛と永遠の0。 端折りすぎではないか。 永遠の0で …

20周年とファンとお金とV6。

2015年。 デビュー20周年を迎えたV6。 事務所はV6のファン量産体制に入ったかのような怒涛の露出を繰り広げた。 結果。この2015年以降。 本当にありがたいことに、たくさんのファンが実感として周りに増えた。 ファンがいることでしか、アイドルの存在意義は…

プレミア。いまだ続くsupernova fever。

V6のじわじわと広まる人気に伴ってプレミアがついていくものがどんどん増えているようだ。V6はアイドルとしても古いし 6人居るので合わせると作品も多い。 ファンが、古い作品も見たいと思ったときに合法的に簡単には見られないようだ。初回限定盤の功罪か。…

アイドルと夢とメンバー編成。ファンのファンになる。

アイドルは夢を売っている、 夢を買っているという自覚もある。問題は なにをもって、「夢」とするか。様々あるとおもう。 経済の一端であって趣味であって、 どれも正解だし、間違いはない。私の場合は、 楽しく仕事している「夢」 である。アイドルにとって…

人生がちょっぴりときめく...

小さな憂鬱どころではない。転勤に伴い大切な大切な友人が住むところを変えた。 子供じみた気持ちなのがわかっていた。36歳で言うものではないと思っていた。ずっと言わずにいた、言えないと思っていた、 しかし、最後の最後で涙が止まらず 「ほんとは行って…

アイドルと熱愛 その2

前回に引き続き、こんなことを読みに来ているのではないという方にはおすすめできない。 自分の人生を振り返るという名目のブログで触れるか否か迷っていたがhttp://rinrinrumina.hatenablog.com/entry/2017/02/27/175650 ほんの少し前こんなことを書いた。…

アイドルと自己投影

なぜ人はアイドルを好きになるのか、と考える。余談だが 嵐でもV6でも DVDを見ていると 「...人はなぜ手をふるのだろう」と 考える。生来考えがちだ。 アイドルを好きになるのは、もちろん、踊りや歌が好きだから、というのもある。そのアイドルの顔面などが…

6人のV6

V66人で出演する番組がいくつも続いた。どれをもう1度 もう2度もう10度みようか ニヤニヤしながら迷うというしあわせな時間が過ぎる。 いのっちの「准ちゃん」にひっくり返った。 准ちゃんとか准くんとか准一くんなんて呼んだことも思ったこともないが、メン…

ミュージックステーションをみた

V6の新曲がミュージックステーションで披露された。 先ほどの話だ。 もうここはブログではないか。 Twitterか。 V6の人といる時の岡田准一が、やっぱり私は一番好きだ。 声質が甘くなって、フワフワした笑顔が甘くて、喋り方がとことん甘い。 その油断しきっ…

正しいこと

ヲタクとしての、 ファンとしての在り方は 問われるべきものか。 私にはわからない。法に触れるのはダメ。ぜったい。 しかし、マナー違反という表現で言われるようなことはどうだ。 基本はマナーは守るものだ。 うちわは胸から上にあげない。とかね。 今はも…

満足だ。

can't get enough/ハナヒラケ 両A面シングル。 過去への考察に一区切りついた感が否めなく、つい流行りのものについて書きたくなる。 ほんとわたしはこういうところがある。そんなことより。 雑誌やらDVDやら追いつかなくて大変だ。以前の記事にも書いたが、…

アイドルと熱愛

唐突だが。 アイドルと熱愛報道は切っても切れない関係と言っていいとおもう。これに関しては正解はないとおもう。 完璧な個人の感想である。若い頃は 売名も兼ねた報道がされることがあり、大人になってからのそれとは趣が異なる。 大人になってからのそれ…