読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

2012 天地明察と家族のこと。

天地明察がすきだ。
冲方丁の原作がだいすきでだいすきで
いつも傍においていつでも読めるようにしているくらいだ。

暦学者 渋川春海を書いた本だが、
そのキャラクターの無垢さがたまらなくすきだ。

映画の中の安井算哲、つまり岡田だが、
もうだいすきすぎる。

原作の中の算哲の事もだいすきなのに、岡田が演じたらどうだ。

原作を読み、その後
岡田が渋川春海を演じると聞いたときの衝撃といったらない。

周知だろうが映画化が決まる前に
岡田は自身のラジオで冲方丁と対談している。
その時は冲方丁の半生と共に、本屋大賞を受賞した天地明察についても両人によって語られている。

読書ずきな人は、
俗と思うかは別として一応、
本屋大賞には目を通すのではないかとおもう。
岡田もそうではないかと思っている。

余談だが雑誌のインタビューで
メンバーに本を贈るとしたらと問われ、
リーダーへ「想像ラジオ」をあげていて、
岡田は「本屋大賞は必ず踏んでおくタイプ」とみた。勝手な想像です。


映画 天地明察のことを書く。
この中で安井算哲は碁打ちで、算術のすきな青年として書かれる。
渋川春海の人物像自体とても魅力的で史上の人としてもすきだ。

算術に夢中になっている姿は
遊びに夢中になる子供のようにかわいらしい。

自分の子供には
読書やゲームに夢中になっている時に、
「お風呂入りなさい」と言われたら

ありがちな
「わかってる!!!!」や
「いまやるから!!!」
ではなく

「あ〜しばしお待ちを!!!」
と言うように。

と教育している。
算哲を思い出しかわいらしく思える。
親子といえども、お互いなるべくイライラせずに付き合いたい。

天地明察好きなお母さんとなかなか風呂に入らない子供がいたら
ぜひオススメしたい。

碁打ちの姿はまた格別だ。
父の影響で囲碁将棋は一通り習った。
父は「強い棋士は指がきれいなんだ」
とテレビで囲碁将棋を見ながらよく言った。

まこと岡田にぴったりだ。
岡田は撮影前に
囲碁の勉強をしたらしいが、打ち方や碁石の持ち方など
美しくてため息がでる。

父は同時に天体もすきで、
よく星の話をした。
渋川春海の事をどう思っていたか、
天地明察を読んだか、
なぜ生前に話題にしておかなかったのか、と悔やんでいる。
一緒に映画が見たかった。

ここまで書いて
題名に「家族のこと」を付け足した。
私の人生は
その家族とともに岡田准一とV6、
アイドルにより彩られている。

私にとってアイドルをなくすことはその彩りをなくすことだ。
岡田がずっとアイドルでいてくれますように。
それは必ず保証されていることではないと
おもう。
それゆえに祈る。


映画の中で
最終的に夫婦になるえんと算哲だが、
えんが一度縁談で嫁に行き、後に離縁して算哲と一緒になる。


いわずもがな。

2011年SP革命。2010からのSP野望と。

2010年から続くSPなこの年。

井上薫については要所要所でそのかっこよさを崇めてきた。

SPは岡田がやりたいことをみつけ、映画という媒体において岡田の位置づけをより強いものにした作品だとおもう。

同時に
言い表せない年でもあった。
SPについてはそれしか言えない、SPだけを語るのは難しい年だった。

オカダのはなしのはなし

オカダのはなし を久々に開いてみた。

ひたすらに岡田が小難しいことを書いていた連載EXPOSUREをまとめて加筆したこの本。

一度開くと止まらず最後まで読んでしまった。
連載での初見の時からいつ読んでも思うことがある。

V6について2013年に書いた文章の中に

1人の仕事とメンバーといるときと居方が違う。メンバーといると「甘えてるとかそういうわけじゃないけど」
とある......

岡田...
そういうわけじゃないわけじゃないよ。
メンバーといると、完璧に甘えてるよ。
とんでもなく甘えてる。
メンバーも甘やかしすぎてる。
その岡田がすきだ!!なによりも!!


この本、連載中のものや撮り下しも含めて岡田の写真がいい。
その時代その時代1000%かっこいい岡田がいる。
表紙カバーの写真はもちろんいいのだが、
カバーを外した表紙と裏表紙がまたとんでもなく良い。

いつも油断せずにカバーを外すのだが、いつもあんまりのかっこよさにひっくり返る。
この本をお持ちの方がぜひ次に開く時はカバーを外した表紙と裏表紙にも今一度注目してほしい。

2009 おと な り とラブストーリー

2008から引き続き、
2009年も割と落ち着いていた。
私は子育てと仕事が最高に忙しくなり、資格試験まで控えていた。
おまけに諸事情で
夫とうまくいかなくなり、
別れるの別れないのと。
結局別れるのだが。
別れるのは大変だ。
結婚の100万倍大変だ。
様々なきっかけで離婚に近づく気持ちはよくわかるが、なんとか離婚しない方法を考えてほしい。
誰に言ってるのか。


そういう色々で
この2009-2010年に初めて感じた感情というのがいっぱいあった。
別に経験する必要のないものもたくさんあった。
人間として色んな感情を知って、
よかったのかもしれない。
し、
どっちでもよかったのかもしれない。

苦労した分優しくなれる、
とか
涙の数だけ強くなれる
とか
の類は8割がた信じていない。
持論はどうでもいい。

前にも書いたが私は写真がだいすきで、自宅に暗室を作りたいと思っている。
野島聡の部屋にも暗室があった。

映画 おと な り の中で
カメラマンと被写体の関係性がよいからよい写真が撮れる、
という内容の話があった。
グラビアは特にそうだとおもう。

モデルを何度も撮ったし自分がモデルになる時もあった。
いずれも被写体とカメラマンの関係がわかるような写真になる。
不思議だ。
恋人にしか友達にしか撮れない写真がある。

岡田を被写体に出来たらどうだろう。
私も壊れるがカメラも壊れそうだ。

趣味とはいえ写真を撮っている身としては、
野島聡はたまらない役だった。

カメラマンは「ポッケのたくさんついたチョッキ」を着る。
撮影中に使う細かい道具を入れておくためだが、野島聡もそうだ。戦場カメラマンもそうだ。
「チョッキ」を着ている。
超かっこいい。

ファインダーを覗く利き目や
カメラの持ち方一つ一つが
超かっこいい。
それしか言えない。
末っ子長男と合わせて岡田のファンになった方にぜったい見てほしい。

この頃EXPOSUREで、自身のラブストーリー作品は4年ごとだと言っていた。
2009年の次が2013年と考えて
まさか図書館戦争がか。
おと な り も「久々のラブストーリー」などと言われてもピンと来ないくらい淡いものだったのに
岡田のいう「ラブストーリー」が
どんどん初恋のごとく甘酸っぱい系になっていくのはいったいどういうことか。

さらに4年後の今年はどうか...
刑事と石田三成...

いや、制作発表を期待する。
きっちり4年じゃなくていいんですよ。

カウコンと。

V6新曲のお知らせに浮かれながら

カウコンをみていた。
今時期。

たくさんのグループが順番に歌うが、
贔屓目に見ても見なくても
V6いちばん歌うまいわ、とおもう。
いや。正しくは6人の声が割れない。
という意味だ。
うまいかうまくないかは正直なところはわからない。
落ち着いてほしい。

ドームだし歓声もすごいしマイクのボリュームなんかも関係してるのか、声が割れて聞こえる事が多いカウコン。
音がとても取りにくそうだ。
その中でのV6の安定感。
感心する。
それぞれは個性的な声をしているのにだ。

そして、
年始に騒然となったLOVE YOU ONLY。
横一になったシャッフルメンバーの中央の岡田。
改めてみて
「岡田が1番先輩か。こんな時代がくるなんてね」
と感慨深かった。

堂上落ちの娘は
「岡田くんがいちばんかっこいい。いちばん筋肉質」と言っていた。

筋肉質...

あともう一言だけ。
前向きスクリーム。
もうすこしどうにかならんかったか、V6。人の曲だからって。
そんなV6がだいすきだ。


なんにせよ、カウコン。
こんな素晴らしいイベント
ずっとずっと続けてほしい。

お礼 アイドルと関係ありません

このような駄文に目を通して頂き
ありがとうございます。

きっかけは周囲の反響から
そして、
自身も人生の過渡期に差し掛かり、様々思うことがあり
私は12歳からアイドルと共に歩んできましたので、
その二つを一緒にして書いてしまおうとおもったことでした。

自分の記憶の曖昧さが
どなたかのお目に届けばと思い始めたブログでした。
こんなブログでもやはりおひとりでも読んで頂けるのはうれしいです。

以前の記事でブログはまったく推敲してない、と書きました
恥ずかしながらいまもまだそうです。
乱文はそのせいです。
そう、妖怪のせいです。

最後まで目を通して頂けるような文章ではなく、
申し訳ないと思いつつも
引き続きこんな感じで書いてまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

2008 シンヤと

2008年。
私は子育てに追われていた。
岡田は
映画 陰日向に咲くの公開があったが、他は比較的落ち着いていた。
V6も学校へ行こうが終わり10周年記念が終わり、通常営業。

嵐はザワザワしていた。
ドラマ魔王の影響で、いわゆる「魔王落ち」といわれるファンが急増した。
嵐は主演でとっかえひっかえ呼ばれるようになり喜んだ。

陰日向に咲くで演じたシンヤは、
とんでもなく平凡なキャラクター。
平凡というか、ダメな人間。
すごくないか。
まったく平凡でない顔をしているのに、あんな平凡なキャラクターを演じられるなんて。
岡田のはずなのに岡田ではない。
全部岡田の顔なのに違う。
全部岡田の芝居なのに違う。
岡田はいまだに、主演も張れるが主演以外も演れる。

それはもちろん岡田のキャラクターや芝居の力もあるとおもうが、
岡田がV6だから
というのもあるとおもう。
嵐がどうかという話なので読み飛ばしてもらいたいが、
嵐の誰かに今、主演以外をとは思えない。
近々ではオリエンタル急行殺人事件で二宮が「主演」ではなかったが、あの物語の性質上、誰が主役かわかりにくい。

嵐だから芝居の話がくる、嵐だから主演しかこない、
と言ったら贅沢か。

岡田はV6でよかった。
V6だから芝居の話がくるのかもしれないが、V6だからなんの役でもくる。
岡田の芝居がすごいのだともおもう。
内側から見続けているゆえその辺りはよくわからない。

どの文字にも他意はない。

むちゃくちゃ冴えないフリーター役も、オラオラに強引な先輩役も、聡明でクールな教授役も
いまの岡田には全部出来るはずだ。
心から待っている。

5月は追憶 原作と。

映画 追憶の公開が控えている。
ブログは2007年で止まったままだが仕方ないので、時事ネタも書く。

私は読書が趣味なので、岡田が原作が「本」のドラマ映画などに出演する時にはほとんど原作を読んでしまっている事が多い。

原作が本である場合

実写では
演者がそのイメージにそぐわないとか、原作のあのエピソードを削るとは何事だとか、原作の伝えたい事と違うとかで、やっぱり実写はダメだよな、とか原作ファンはよくいう。
ほんとよくいう。
ほとんど言うんじゃないかっていうくらいいう。
原作ファンあるあるだよな、とおもう。

何度もいうが読書が趣味の私だが、
岡田に関していえば私はただのオタクなので、原作と比べてこうあるべき、と思ったことはない。

原作の堂上は頭の中で震えるほどのイケメンだったが、実写の堂上はそれを超えて震える。
原作の朴舜臣も頭の中で震えるほどのイケメンに置き換えて読んでいたが、実写の舜臣はもっと震える。震えがとまらない。
この2人は数少ない岡田が演じた「ひたすらかっこいい王子様」風ではないかとおもう。

どこかで書いたと思ったら以前同じことを短文にしていた。

私がただの「岡田のオタク」だからだとおもう。
きっとゾンビーズシリーズのファンの中に「スンシンが岡田かよ」と思っている人もいるとおもう。


今回の追憶の原作は最近発売されたので読んだのも最近だ。
追憶ではこの世の不幸をすべて集めたような暗い刑事を岡田が演じている。
ダメな男にダメにされるダメな男の典型か...と思いながら読んだ。

神経質、繊細、重い、暗い、強い、昔、みたいなワードの役をやり続けてきた岡田。

最近の雑誌に書いていたが、
なんだって?
役の幅を広げるのに10年で肉体改造するだって?
小さくなる方にだって?

実写の岡田が1番震える事を言ってくれる。

呼び戻すこと

看板に偽りありで、
最近は過去を呼び戻していない。
もっぱら時事ネタである。

もちろん過去の記事も下書きに書いているのだが、なかなか進まない。

こんな駄文にも読んでくださる方がいらっしゃって、本当にうれしい。
どのような関わりでこのブログを目にして頂いたのかわからないし、どのように受け取って変えられるのかわからないが、どれもこれも縁のうちであるとおもう。

過去はたまにしか呼び戻さない、もっぱら現代を語るこんなブログだが、どうぞ見逃して頂きたい。

人生がちょっぴりときめく...

小さな憂鬱どころではない。

転勤に伴い大切な大切な友人が住むところを変えた。
子供じみた気持ちなのがわかっていた。36歳で言うものではないと思っていた。ずっと言わずにいた、言えないと思っていた、
しかし、最後の最後で涙が止まらず
「ほんとは行って欲しくないんだよ」
と言ってしまった。

1日中、世界が終わったように沈みこんで目の周りを赤くしている。

シャッフルで流れてくるハナヒラケを聞いて泣きくらしている。
こんなにポップで元気で可愛らしい曲で、どれだけも泣ける
V6ってどんだけとおもう
V6の歌はそうなのだ。

6人の声が優しすぎて大きすぎて
どんな歌もむしろ元気な歌ほど
包容力という言葉でいいのかわからないが、涙が止まらない。

聞くと必ずおもいだすことがあり涙が出てくるのが
HONEY BEATである。

誰かの為にしか生きていないと思っていた自分をいつもおもいだす。
いまもそうおもっているのかもしれない。
噛み締めるように
「君は君だよ」を聞く。
笑ってと歌われて笑えたことがない。涙がでる。
人生がどちらかというと暗いようだ。


いつも思うことといえば。
HONEY BEATのPVを見ると「瞬きするのも怖い」のはこっちだ。とおもう。
PV終わるまで、まさに目が離せなく、瞬きできない、したくない。
このPV、岡田のかっこよさに目眩がしていると、横から殴られるようにかっこいい剛くんがいるので充分気をつけなければならない。



悲しくて悲しくて風呂や布団に顔を埋めずにいられない日も、
太陽みたいに笑えば、明日を変えることができるだろうか。

別れの季節

三月も下旬で別れが色々とあるものだ。

別れといえば、
V6はまぁ未練がましい歌が多いとおもう。こんな未練がましい事言ってる人が居たらびっくりする。

どこかの記事で挙げたが
only dreaming。
いったいなにを言ってるの?というくらいの未練がましさ。
君の名前を何度も呼びすぎだし、夢の中で出会えたらいいなんて
絶句する。

でも、V6の6人だからこの歌最高なのだ。
たまらない。
でもってPVもたまらない。
6人の泣きが見られる。

only dreamingだいすきだ。

それよりそろそろ2008について書き始めようか。。。

アイドルと熱愛 その2

前回に引き続き、こんなことを読みに来ているのではないという方にはおすすめできない。


自分の人生を振り返るという名目のブログで触れるか否か迷っていたが

http://rinrinrumina.hatenablog.com/entry/2017/02/27/175650
ほんの少し前こんなことを書いた。

無論
嵐への相次ぐ報道をうけての事だったが、その後もどうもパッとしない。

さらに
二宮のファンとして
自分の思っていたことをかく。
どうか不愉快にならぬようお気をつけ願いたい。

私はKinKi Kids及びV6の後ろのJr二宮をすきになり、その後デビューと同時に嵐のファンにもなった。
KinKi Kidsのファンはなんとなくやめてしまったが、V6のファンはそれからもずっと続けている。


近年の
とんでもない報道といえば、二宮さんちの伊藤アナウンサーではないかとおもう。
ツーショットはなく確定的なものはなにもないが、アナウンサーといえば才女も多く手堅いところ、と一報は非常に好意的に受け取った。


しかしである

アナウンサーと私は同い年である。
だからこそ

誤解を恐れずに言ってしまう。
言ってしまう。
言いますよ。

薄目で見て頂きたい。
どうか薄目でお願いしたい。
きっと薄目にしているとおもう。

なぜこんなオバハンと

あぁ太字で書いてしまった。


真実はわからない。
わからないのだから
ぜんぜんわからないままにしておいてくれればいいのにあのブログ。

どう考えても
どうひっくり返って考えても

おかしい。

ネタなんだろうか。
新手のギャグなんだろうか。

まず。
この歳であんな自撮りはしない。
そういう文化がない世代だ。

私は写真がすきな写真部員で
(カメラがすきな写真部員もいる。どうでもよいことだ)
若い頃から記念写真もよく撮った。

同伴者はそこまで写真を撮らないし今のように携帯にカメラがあるわけでもない。
自然と私が「撮る係」だ。
おのずと自分が入る写真は少なくなる。
なので、広角のカメラを買い、
このmm数なら画角はどこまでかを考えながらノーファインダーで自分も入れながら記念写真を撮った。
これが絶妙にうまい。
数少ない特技だ。どうでもいい。

そんな時代だ。
そのくらいの気持ちがなければ、自分を入れた写真は撮れない時代を過ごしたはずだ。

それなのに
さらには
ちょっとだけ関わりのあるものを自撮りに移りこませるのも

本当に
おかしい。
CDのあれとか
おかしい。
笑うしかない。
どういう気持ちだったのだろうか
死ぬまでにどうしても聞いてみたい。

もっと言うと。
あのブログがスクリーンショットでばらまかれていて、よくこの芸能界という世界に生きて居られるとおもう。


そのメンタリティは。

私なら
まず
そんなことをしていた自分が恥ずかしくて絶望するし、
そんなことをばらまかれて回収不可能になったことに絶望する。
絶望のあまりなにをするかわからない。

でもまったく意に介さない感じである。
本人も番組も事務所もなにもかも。

こわい。
そう。
こわいのだ。
二宮が自分と同い年の人(オバハン)と付き合ってるのがいやなんじゃない。
良くはない。
これまで浮名を流したのは超が付くほどの美人ばかりで、二宮自身はどこからどうみてもまともな人間に見えないのに付き合う女は一流な所がだいすきだぜ、と思ってきたのに、今回はセントくんなのがいやなんじゃない。
良くはない。
でも、単にそれだけではない。
こわいのだ。
とんでもない歪みを感じる。
時空が歪むような強い圧力を感じる。
何と何が繋がっていて、
なにがなにをどうしようとしているのか
まったくわからない。
とんでもない闇を見せられるかのような。

二宮さんちのアナウンサー以来、嵐にふんわりとしたこわさを感じるようになって
嵐のファンの活動は休止中である。
KAT-TUNのように充電できるのかわからない。

どうでもいいことを長く書いた

熱愛に対してのスタンスはいろいろとある。
誰が正しくもないし、正しさは存在しない。
私はとてもピリピリした人間で
繊細で神経質だ。なので
アイドルはおっとりしていてほしい。
影でどんな黒いことをして、
とんでもないお金が動き、
とんでもない悪事を働いていたとしても、
おっとりしていてほしい。

メンバーとおっとり過ごしている岡田をみたい。
どうか
握りつぶされないでほしい
こわいのだ
なかったことにされるのはこわいのだ。
どうかがんばってほしい。


嵐がこうである今、V6はなんとか助けてやってほしい。
誰に願えばいいのかわからない。

Yahoo!検索 DISCO!!!!

Yahoo!検索からのアクセス先をみてみたら

f:id:rinrinrumina:20170320011257j:plain

こんな3割振りになっていた。

ハナヒラケはわかる。
しかし3分の1がD.I.S.しようだとは思わなかった
なにゆえ。

D.I.S.すごくすき。

6人のV6

V66人で出演する番組がいくつも続いた。

どれをもう1度
もう2度もう10度みようか
ニヤニヤしながら迷うというしあわせな時間が過ぎる。
いのっちの「准ちゃん」にひっくり返った。
准ちゃんとか准くんとか准一くんなんて呼んだことも思ったこともないが、メンバーに言われているのをみるといつもひっくり返る。たまらない。


やっぱりV6は6人だ。
V6はデビューしてほどなくレギュラーを持っていたが、
スタジオで6人か、6人でロケ
が好きだった。
トニカミそれぞれの仕事や個人の仕事などで仕方ないのはわかっていたが2人ずつなどのロケより、6人の方が断然すきだった。

ゲストもなにもいらない
6人がよかった。

そんな私には、
20周年ツアーの特典映像の
「コンサート映像を6人で手巻き寿司を食べながらただみる」というのがたまらなかった。

こういうのを120時間分くらい売ってもらえないか。
120時間かけて見尽くしたい。

ほぼ口を開かない岡田をただただ見つめ続けたい。
メンバーが岡田の話題を出してもちらと目線を移すくらいしかしない岡田を見つめ続けたい。

あんなにしゃべらなくてもいいのだ。
むしろ
金なら払うから、メンバーに気を許しすぎてまったくしゃべらない岡田をもっと見せてくれと言われる。
岡田とはいい職業だ。

メンバーといて全くしゃべらない岡田萌え。
もっともっとみたい。
120時間分誰か売ってください。

足跡 自分のこと。

頼りない足取りで 迷い曲がっても
残せるのは ひとすじ

V6の新曲
can't get enough/ハナヒラケ のカップリングとして収録されている足跡という曲の一節。

私はよく、どうにもならないことを思い返す。
あの時こうしていれば。
赤裸々になるかもしれないので読み飛ばして頂きたい。

結婚しなければ
子供を産まなければ
離婚しなければ
仕事を辞めていれば
大学院に行っていれば
あの資格をとっていれば
父が亡くなる時こっちを選んでいれば
外壁はやっぱりあっちにしておけば
あのチョコレートを食べなければ
道場が潰れなければ


意味不明のものも含まれていると思うが私が思う事なのでそのまま書いた

もう過ぎたこと、
これからどうしようもないこと、だ。

諦めたことを後悔して
ことある事に思い返し
口惜しくて泣いたり苦しくなったりする

もう36歳なのに、だ。
いい加減にしたいと思いつつもまだどうにもならない。

若い頃はもっとひどかった。
私は読書が趣味だが、
若い頃とにかく自己啓発からスピリチュアルなもの格言やら哲学やらを読み漁っていた。
人生の道しるべになるようなものを知りたくて知りたくて仕方がなかった。
色々なものに思いを馳せ、思考が止まらずにいた。
今は答えのすべてがそういったものの中にあるわけではないとわかり、道楽として読書をしている。

岡田もその著書の中で
若い頃と選ぶ本の傾向が変わったことを書いていた。

先日同じく読書が趣味の子供が
「いろいろとイライラする。本を読んでいる時だけは平穏な気持ちでいられる、どうしたらいいか」
と相談してきた。
いいねを100万回押したい。
どうしたらいいかはあいにくこちらもわからないが、共感だけはした。


まだ頼りなく迷い曲がっているが
残せるのはひとすじだけだ。
子供が見た時に恥ずかしくない足跡にはしたい。


V6 足跡
コンサートで歌われたらoverに続き号泣者続出の名曲になるだろう。
コンサートのお知らせを期待したい。