読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反響から呼び戻す過去

自分の人生を振り返る。V6岡田准一の作品たちと共に。22年前から今日まで雑多に。

チカラウタを力に。健くんと剛くん。

三宅健の出演したチカラウタ。

やっと見た。

 

この人のブレなさ、ずっと変わらない。

V6はよくも悪くもブレないグループなのだよな、と思う。

 

いつもいつも、

たぶんずっと、

たぶんいちばん、

ファンの目線で居てくれていると思っている。

 

いちばん踊りがうまい?と促され

「森田がいるんで」と即答するあたり。

内側にいる人間が、外側にいるかのように、「V6でいちばんおどりがうまいのは森田剛だ」とはっきり言う。

 

確かに事実なのだ。

きっとV6の誰のファンであっても

「一番おどりがうまいのは剛くん」と思っているのではないか。

以前から何度となく書いているが

森田剛は天才なのだ。

しかもただの天才ではない。

努力に裏打ちされた天才なのだから無敵だ。

 

タッキーも、山Pも。Jrの頃から確かに人気はあった。

しかし、森田剛のJrの頃からの人気とは比べ物にならない。

大袈裟でなくみーんなが

「剛くんかっこいい、踊りうますぎる、天才」と言っていた。

 

今も昔も、かっこいいジュニアといえば森田剛だ。

ジュニアなのに人気があってすごいよね、というだれそれの話を聞くにつけ、

いや、森田剛のジュニア時代はそんなものではない。

という気持ちになる。

 

健くんだって、とんでもない人気だったのだが、剛くんの隣にいるというプレッシャーに押されながら人に見せない努力で実力を兼ね備えてきたのだろう。

 

そんな2人と入所数ヶ月で組まされた岡田。

もはや不憫だ。

パヤパヤとしか踊れなかった岡田が、

昨今「V6は踊りがうまい」と評されるまでにしてきた努力をいつもおもう。

派手ではないが、ひたむきな努力のグループだ。

 

何気ない番組の一言が、日常にチカラをくれる。

 

V6。岡田をここまで連れてきてくれてありがとう。

岡田。

ここまできてくれてありがとう。

 

近々予定されているコンサートでは、

踊りのうまいV6を、惜しむところなく披露してもらいたい。

抜けたがるキャラ。だとしても。とはいえ。だからこそ。

報道の自由がある。

それに恩恵を受けてもいる。

センセーショナルな題名での憶測記事は、

どんな経済効果があるのだろうか。

 

だとしても、まだ報道なれしていないファンもいるだろうに。

アルバムの販促か。ツアーの販促か。

 

とはいえ、

私の記憶では

この類の報道で常に

“グループ抜けたがってるキャラ”の岡田准一

「岡田のほうにはグループを離れる考えがない…」

と書かれたのを初めてみた。

 

「また岡田が抜けたがってるって(怒)、結婚するから抜けたがってるって(怒)、芝居に専念するから抜けたがってるって(怒)

言うんでしょーーー!!!!」

と思いながら読み進めたので、

『グループをはなれる考えがないのに対して…』ときて、

「は?え?……そうきたか」と拍子抜けしてしまった。

 

なにはともあれ、

嘘とわかっていても、

憤りながらも、

すこし悲しい気持ちになるのだ。

 

 

人の世の常を考えれば、永遠に続くものはない。

アイドルも解散もするし脱退もする。

前例もある。

このグループだけは大丈夫。は絶対にない。

実際に解散するまでは、仲良く見える。

どんな大きな何かが彼らを取り巻いているのか、知る術はない。

 

だからこそ、

グループがアイドルが続いているうちは夢をみたい。

見させてほしい。

 

夢とわかってみているのだ、

わたしにとっては、

報道の自由と同じ、尊重されるべき大切な気持ちだ。

 

原作のこと。散り椿。

葉室麟の作品の中で、

散り椿が一番すきかもしれない。 

 

冲方丁天地明察図書館戦争シリーズなどの時ももちろん思ったが、

だいすきな作品が岡田で映像化されるのが、本当に嬉しい。

 

山本周五郎などの時代小説を読む、と公言しているし、蜩ノ記のこともあるので、きっと岡田も散り椿は原作発表と共に読んだであろう。

自分が演じるとはどのような感覚なのだろうか。岡田に聞いてみたい。

 

 

一つ。散り椿公式ホームページに「散っていく椿」

ハラハラと舞い散っている、はて。

 

椿の散りざまと人の散りざまを書いた物語だ。

椿はハラハラ散らないはずなのだが…。

 

庭の木。赤い花。散り椿。

うちには椿の木がある。

ピンクから赤に近い色の花がかわいいかなと思い椿にした。厚く濃い緑の葉も力強さがあってすきだとおもった。

 

冬に硬い蕾をつけて、まだ寒い春に花を咲かせる。

花びらがハラハラと落ちるのではなくて、花そのものがボタっとそのまま落ちる。

薄い色の花は茶色くなりボタっと落ちるのもなんとなく寂しく感じ、

年々「やっぱ椿じゃない方がよかったかな」などとおもったりしていた。

 

それがである。

 

岡田の最新作が葉室麟の「散り椿」と聞いて、

俄然「椿にしてよかった」と思っている。

 

うちの椿も椿冥利に尽きる。

昨日とうちの椿を見る目が変わり、

なんだか椿もニコニコしてみえる。

 

私の世界は岡田を中心に回っていると改めておもう。

コメントが付きました。のこと。

はてブロさんを使い始めてしばらく経つが、

ごくたまに、ブログにコメントを頂けることがある。

 

するとはてなブログさんはご丁寧にスマホに連絡をくれる

「新しいコメントが付きました」

と。

 

「わぉ!!」と驚くと共に

「あぁ…昨日書いた記事へのお叱りだったりして…」と一瞬不安になる。

 

叱られるようなことは書いていないつもりだし、何も悪いことはしていないのだが、

書いてあることは個人の考えで、

もちろん偏っているし、

それを公開している以上、どなたかの気を悪くすることがあるかもしれない、と

いつもおもっている。

読んで暇な時間潰し、くらいにはなれるような文章でありたいと思う。

 

もう呼び戻す過去はほぼだしてしまい、時事ネタを追いかけるブログになるが、

岡田を斜めに追いかけている限り、細々と続けていきたい。

 

 

軸。B型のこと。

けっこう前になるが。

嵐にしやがれのゲストに、

小栗旬と共に岡田准一が出演した。

 

十八番の長野くんのモノマネを楽しそうに披露していた。

周知の嫌いなものを

がんばって食べている横顔、

めっちゃかっこよかった。

あんな顔するならもっと食べさせたい。

 

後輩と楽しそうに仕事している岡田がすきだ。

大先輩と仕事している岡田もすきだ。

 

櫻井翔に「好きな言葉、軸ですもんね」と半笑いで言われ

「軸♡」と答える岡田。

 

軸って………

こんなこと言っているアイドルにファンがよくいるもんだな、と他人事のようにおもう。

本当に本当に岡田は変わっている。

気分屋でマイペースで変な人だとおもう。

血液型占いは信じない方だが、岡田に関しては典型的なB型だな、とおもう。

私はB型がだいすきなのだ。

 

余談だが。

私の周りにいるB型だけかもしれない、

変わっている人が多い。

その変わった思考回路やこだわりを見ているのが、面白くてだいすきだ。

だいたいの事にあまり頓着のない方が多く、付き合いやすい。 

B型との付き合い方がわかっている方だともおもう。

B型っていいよね、と言うと素直に嬉しそうにするB型がすきだ。

岡田とも知り合いになれたら上手に付き合える自信があるが、その可能性がないのが残念だ。

時に垣間見得る、岡田の「変わっているところ」をみると、身近にいるB型人の顔が浮かび愛おしくも感じる。

 

嵐にしやがれ

たくさん見どころがあったのだが、

わたしのハイライトは、

岡田が、(ピアノを弾く人特有の小指の曲げ方で)自らの両頬を押さえながら

「長野くんってだいたいこうなってるから…」と

“長野くんの頬の真似”をしてみせた瞬間だった。

 

長野くんの顔、よく見てるね。

だいすきだもんね。

長野マンがだいすきなB型の岡田がだいすきだから、そのままでいてね。

 

 

 

 

FLASH BACKとファン代表と新しいアルバムについて。

FLASH BACK/V6

 

君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか

という難解なタイトルのシングルのカップリングとして収録されている。

 

“もしいつの日か僕を思い出すなら

この腕は君を抱きしめている?”

という岡田のパートも、

いつ聞いても

「ん?え?なんて?」

となる。

 

このFLASH BACKもそうだが、

リリース前にコンサートで披露される曲がたまにある。

初見でおもいっきりかっこいい。

2017年コンサートでもそういう演出があるのかないのか。

君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか の特典DVDに、FLASH BACKのマルチアングルとダンスアングルが収録されている。

BDじゃないことだけが悔やまれる、素晴らしい映像だ。

マルチアングルに関してはいつも思う。

「誰でもいいからファン代表に撮らせてはくれまいか」と。

そうすれば、オタクの心をすべて満たすさらに素晴らしい映像が残るはずだ。

もちろん素晴らしいクルーが作っているのだから批判ではないが、オタクが撮ったらもっとすごいよ、という話だ。

 

ファン代表といえば。

このFLASH BACKが披露されたOMGコンサートで、

BING♂という曲中、会場の1人が選ばれセンステ近くでsupernovaが見られるという後世に語り継がれるべき演出があった。

 

当たるわけはないと思いつつも無駄に髪の毛を整えてみたりしたものだ。

これはもう宝くじに当たるようなものだ。

一瞬で大勢にバレる宝くじのようなものだ。

6億円当たっても誰にも言わずローンも返さず普通に暮らすつもりでいる私にとっては、大勢にバレるのはすこし気が引ける。

 

そして某チケットキャンプ、某ヤフオクなどに登録しまくり、高額転売されているものを言い値ですべて買い取り、事務所にそのまま送り付けて、転売屋さんのFC番号を凍結させるというイタチごっこをしたいと思っている。

 

そんなことはどうでもいいのだが、

この宝くじ映像はDVDにも残っている。OMGコンサートのものなので、これから買うつもりの方はBlu-rayをオススメしたい。

この時は若くかわいらしいいのっちファンが選ばれていた。残念だが彼女には今後6億円は当たらないだろう。6億円以上の価値のものに当たってしまった。

やはり若い女の子の力は素晴らしく、

このsupernova、V6の踊りのシンクロがとんでもない。

いや、V6は踊り揃ってるな〜と思うことはもちろんよくある。あるのだが、この時のsupernovaはすごい。

supernovaは2011年からコンサートでも歌い継がれてきていて、その後のコンサート、テレビ番組などでも披露されていて、何度も見ているが、

この映像のsupernovaがいちばんかっこいいとおもう。

かわいらしい彼女に感謝だ。

 

そして、V6は同じsupernovaでもコンサートにより振りを変える。

フォエバコンではミックスみたいなのが見られて、それも嬉しかった。

 

2017年コンサート。初日のガイシ。

どんな歌を歌ってくれるのか、

どんな踊りをみせてくれるのか、

楽しみだ。

 

そして、そろそろアルバムの詳細もお願いしたい。

 

 

 

 

 

疲れてはいるが、Go the extra mile.

疲れる、というのは不思議な感覚だなといつもおもう。

 

体が本当に疲れているのか、

心が疲れているだけなのか、

なんなのかわからなくなったりする。

 

しかしながら疲れ目ははっきりとわかる。

 

特に金曜日、

仕事が終わって帰って

一通り済ませたこの時間。

V6のコンサートDVDをみていておもう。

V6の動きが追えない。

 

Voyagerを見ていた。

もはや何万回見たかわからないデビュー曲でさえ、目で追えず、ぼんやり見てしまった。

疲れ目はオタクの敵だと心からおもう。

めぐりズムのCMに櫻井を起用したのは正解だろう。

 

コンサートの開催が決まると必ず昔のコンサートDVDを改めて見返す。

否応なしに気持ちが高まる。

 

気持ちの高まりを抑えられない。

 

だめだ!!!!

V6がファンの前でV6とV6で踊ったり歌ったりするなんて!!!

 

この高まりを

どこへぶつけていいかわからず、

ひたすらにDVDをみる、を繰り返す。

その全てを焼き付けて、新しいアルバムを彩りたい。

 

そうさ。唄うよ何度だって。

僕ら新世界のオープニング・アクター。

 

この2007年オープニング。

やっぱり最強だ、とおもう。

疲れ目を押して、寝るまで見続ける。

 

 

CRISIS クライシス。

すごくすきで、

いつか書きたいと思っていた。

6話をみて書こうとおもった。

 

以前にも書いているが、作家金城一紀のファンだ。読書が趣味ではあるので、金城一紀もすきだ、という言い方が正しい。

 

当然のように作家には賛否あるが、

金城一紀のその描く言葉の爽快感がたまらない。

 

GOをはじめ、フライダディフライもそうだし、ゾンビーズシリーズの他のものもすべてすきだ。

何度読んだかわからない。

 

金城一紀が様々経たあと、韓国籍であるのと関連しているのか、ちょくちょく北朝鮮在日朝鮮人の問題がでてくる。

岡田が演じた朴舜臣も在日朝鮮人だ。

 

私は生粋の日本人で、大方の日本人が抱くそれと同じ感情で隣国との問題も捉えている。

どちらかというと右側からみている節がある。

金城一紀の作品に関しては、なぜかわからないが、真ん中に寄ってみている気がする。

良いとか悪いとかはわからない。

でも、それ以外の事で伝わることが多すぎるのだ。

国家や社会への動く大きな力と、身近にある大きな脅威に対しての警告がその言葉の中に常にある。

それは時に青く若々しく、時に円熟して包容的だ。

 

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班をみながら、

幾度となく頷かずにいられない。

 

俳優陣がすごいのはもちろんだが、

一話ごとの犯人と、それより悪い裏の犯人の、

「悪さ」たるや。

もうひどい。

どいひー。

こんな悪い人いる?ってぐらい悪い。

 

ももっと悪い人がきっと本当に居るのだろう。

漫然と暮らすな、と頬を殴られる気分でいる。

 

今回、長塚京三の芝居がすごい。

台詞が最高だ。

「生きているうちにもっと頭を使え。頭は帽子のためにあるんじゃない」

 

2017 V6ツアーがやってきた。

夜半に目と眉毛について書いていたら、

先ほどツアーについての詳細が発表された。

 

代々木。

当たり前だけど、ない…

ショックだがショックを受けている場合でもない。 

 

申し込みに関しての文言をまとめてみると…

 

申し込みは6月1日から6月14日まで。

同一名義で複数回申し込み可能。

一申込で4枚まで。

 

希望順位の入れ替えでの申し込みは不可。

つまり、エコパとガイシに両方行きたい場合。

 

1回目の申し込み→第一希望エコパ1、第二希望ガイシ1

2回目の申し込み→第一希望ガイシ1、第二希望エコパ1

で申し込んでどっか当たればいいな、はダメということだ。

 

1回目の申し込み→第一希望エコパ1

2回目の申し込み→第一希望ガイシ1

これは大丈夫。

当然だが、同じ公演に複数回申し込みすることはできない。

原則:同じ人が同じ公演に、第一希望第二希望の別なく2回以上申し込むことはできない。

 

着席ブロックは年齢制限なし。

 

同行者はFC未入会でも可。

 

同行者の記入については、今回明確にはかかれていないが、枚数だけではないということかもしれない。

名前と年齢を入れて申し込むのかもしれない。

しかし、

嵐などは以前よりそうだが、

顔認証のデジチケの時以外は同行者の確認は「親子席」「着席ブロック」の時のみだ。

だからどう、と書いてしまうとアレなので事実だけ書いておく。

同行者がFC会員の場合、代表者と同行者を入れ替えての申し込みに関しては明記されていない。原則を鑑みると不可なのだろう。

 

6月26日当落発表。

当選者のみPay-easyに7月2日までに支払い。

その後おそらく紙チケットが発送される。

と。

デジチケが主流になるのか、と思っていたけど、その記載はない。

V6にはガラケー長野博がいるからか。

 

申し込み期間までの間、

同行予定者と仕事の休みや、夏休みとの兼ね合い、遠方ならホテル決めや交通手段、さらには当日何を食べるか、翌日どこ行くかなどまで、あーでもないこーでもないとやるのが、ツアーの楽しいところだとおもう。

 

いまや2年に1回のお祭りごと。

V6が、ファンのみんなが、楽しめますように。

 

わたしのすきな岡田。

さんざん岡田はいまがいちばんだと言い続けてきたのにこの題名だ。

http://rinrinrumina.hatenablog.com/entry/2017/03/13/223643

 

岡田は確かにいつも「今」を更新し続け、

常にかっこいいを成長させてきてくれた。

だからこそ、ずっとファンがついてきたし、増え続けているとおもう。

それは間違いなく、いまがいちばんかっこいいといつも本当に思っている。

 

それとはまた別の次元の話で

思うことがある。

 

岡田の

目と眉毛、及び二重の間隔についてだ。

ご想像通りとんでもない話なので気分を害しそうと思ったらぜひこの辺で読み止めてほしい。

 

ここでは比較の為に画像を2つほど載せたい。

肖像権などを意外と大切にするオタクなのだが、

岡田とわからないくらいにしてあるのでどうか見逃して頂きたい。


f:id:rinrinrumina:20170514220106j:image(…完全に岡田だ)

これはごく最近の岡田の目と眉毛と二重だ。

目と眉毛が近く、二重の幅が狭い彫りの深い顔をしている。

 

かっこいい。間違いなくかっこいい。

目と眉毛だけでかっこいい。

どんだけかっこいいんだ、この人は。

 

そして

次がこちら。
f:id:rinrinrumina:20170514220538j:image

これはすこし前の岡田の目と眉毛と二重だ。

 

かっこいい。

むっちゃくちゃかっこいいしめっちゃくちゃ色っぽい。

 

この2つをみて分かる通り、

最近は目と眉毛が近めで、しかめっ面に近い顔をよくしている。 役柄の影響も当然あるとおもう。

 

まるでどうでもいいことなのだが、

私がよりすっごくすきなのは、

下の方の

目と眉毛が遠くて二重の幅がぼんやりしている岡田だ。

いつの時代もこういう顔の時はあるが、最近は減ったかなと思っている。

 

だからなんだと言われればそれまでなのだが、せっかく美しい岡田の顔面。

見つめながら目と眉毛の幅の事を思い出したら、またこのブログに遊びにきてください(唐突)。

 

載せた2つの目と眉毛だけで岡田がどんな表情をしているかわかる方も多かろう。なんの画像かわかる方も。

岡田の目と眉毛と二重について徹夜で語り合いたい。

 

みまんしてぃ…

KinKi KidsのCDデビュー直後に放送された

ぼくらの勇気 未満都市」が

今年の夏spドラマとして帰ってくるらしい。

 

97年放送。

この発表に狂喜しているのは30代以上のオタクたちかとおもう。

嵐未満の2人や小原。懐かしい。

 

KinKi Kidsも自分たちも10代だったあの頃。

若かった。

この歳になった今なら、

納得できる事がたくさんあるドラマだとおもう。

 

自分が、この20年で

なくしたものと、

きがついたものと、

やっときがついたものに、

思いを馳せながら楽しみに待ちたい。

 

夢とユメとソロ曲。

生活も夢も捨てない、

欲張りで居られる道を

ずっと考えてきた。

自分のことだ。

 

このブログを立ち上げた頃、それはそれは悩んでいて、自分というものをひたすら考えていた。

自分を振り返りながら書いてきた。

 

ずっと胸の中に頭の中にあったけれど、

口に出していないことも、

あえて文字にする事で考えたかった。

同時に思い出してくるアイドルへ費やしてきた時間も振り返ることができて、

全部ではないものの自分史みたいなブログになって、嬉しい気持ちでいる。

 

自分の夢についてよく考えた。

小さい頃の夢を叶えた職業につきながらも、小さい頃はわからなかったその先の夢について、否応なしに考えさせられた。

 

大人になってからの夢は、誰かからみてわかりやすいものではなく、自分できめて、やめるも目指すも自分次第。

だからこそ難しかった。

 

諦めて、諦めるところから始まる夢について考えたこともあった。

 

ここでも、色々こねくり回して、結果。

 

まだ“夢”を追いかけながら、はっきりとはしないけれど、“保留”出来ている立場にいる。

新しい事もやりながら、これまで通りの夢もまだ諦めていない。諦めなくていい。

 

それは欲張りだし都合がいいと思うけれど。

きっと実際そう思われているのだろうけれど。

でも満足している。

と書いて自分に言い聞かせたいのかもしれないと思った。

 

 

人生で最初に夢について考えたのは

やっぱり高校生の時だ。

当時。

“夢に破れたとしたもいつもそばにいるから、泣いた後に二人で歩き始めよう”

と歌う岡田から勇気をもらい、

SUPER HEROES発売からぴったり1年後の大学合格発表でまずは夢を叶えた自分。

 

それから20年近く経ってまだ夢について考えているなんて思ってもみなかった。

 

季節がめぐり、寂れたメモリーでまだ何も癒えないが、夢に愛にもっとそうそう。

結局いつまでも夢はなくならないのだろうか。自分で作ったり諦めたりするものなんだろうか。まだ全然わからない。

それでも、

“捨てたもんじゃない やればいいンじゃない

気持ちをちょっと 大胆にもっと”

 

次のアルバム。久々にソロ曲はどうだろうか。

また岡田に夢をユメを語ってほしい。

自分の夢をまたもう一押ししてほしい。

 

夢ついでに

このままじゃそのうち黒歴史と言われそうなのでTruthどっかで歌おうか。

 

 

 

 

 

 

かっこいい!!!!

2017年はV6は大変な年だ。

新曲が立て続けで、個人の映画もあり、ドラマもあり、テレビもあり、アルバムの発売とコンサートが決まってしまった……

 

その都度整理しながら文字にして、ここにもしつこいくらい書いてきたのだが

 

あいにく飽和しそうだ。

 

音楽番組みて、トーク番組みて、ドラマみて、映画みて、walkmanで聞いて、舞台みて、DVDみて、とやっていると、

そのうち

 

V6が、さらには岡田が、

かっこよすぎて、

もう大変だ!!!もうダメだ!!!

となる。

 

ファンをしていると、きっとみな同じ状況に時々なるのではないかと思う。どうだろう。

 

だめだ!かっこよすぎる!!

もうなにもできることがない!!

もうどうにでもしてくれ!!

とよくわからない状態になる。

 

勝手に

飽和する、と名付けているが、

飽きるとかV6がいっぱいという意味ではなく、自分の気持ちの中の問題だ。

 

「V6かっこいいね!!うんかっこいいよ!!!岡田かっこいいね!!うんかっこいい!!!」という自分の気持ちを

「そう、V6はかっこいい」引出し

「そう、岡田はかっこいい」引出しに

それぞれしまっていく事でおさまっていくのだが

それが追いつかなくなり、

「あーーもーーーー

かっこいいよーーーーーだめだーーーー」

となる。

 

2017年は先が思いやられる。

おぼれるほど楽しみたい。

 

100記事。

自分の事とV6岡田の事を100記事書いたら

おしまいと思っていた。

永遠に続くものなどない、という意味不明な刹那主義で、そういう決め事がすきな性格なのだとおもう。

 

この記事が98記事目になる。

しかし下書きに6記事くらい書きかけがあり、おしまいに出来そうにない…

決め事がすきなのに、決め事を簡単にやぶる性格なのだ。

 

 そんなことより。

 

ブログに目を通して頂き、ありがとうございます。突然。

読んでいただく方の大切な時間をこのブログに頂けていると思うと、自分の文字に責任を感じます。

過去カテゴリの記事はもう2015年まで書いていて、これからはほとんど、今のV6今の岡田くんについて書く事になるかと思います。

 

いわゆるネタバレは断りつつなるべく避けて。映像や画像は自分の文章に合わないと思っているので使わず。限られたいわゆる現場の事には触れず。

という書き方ですが、

時間がある時にもう1度覗きにきたいと思って頂けるように、これからも大切に書いていきます。

 

よくV6の歌詞を形を変えて書いております。懐かしい曲を聞き返すきっかけになれたら、最高に嬉しいです。